読み込み中

江戸の知恵「打ち水」で、夏も涼しく。風情を感じる日本の文化です。

本年度の「打ち水日和」は9月末をもちまして終了いたしました。
打ち水に取り組んでいただき、ありがとうございます。
来年度も引き続き、「打ち水日和」へのご協力をよろしくお願いします。

ムービー

今夏に行われた都内打ち水の様子を
動画でご覧いただけます。

  • 日本語<Japanese>
  • 英語<English>

動画に込めた想い

戦国から安土桃山時代を経て「茶の湯」が成立しました。「茶の湯」では、礼儀作法としての打ち水が行われます。江戸時代には、「打ち水」が俳句に詠まれたり、浮世絵に描かれており、涼の手段として一般的であったと考えられます。

打ち水の目的には、夏の暑さを和らげることに加えて、道の土埃をしずめる、客を招く時に玄関先や道に水を撒くことで心地よく迎える、お清めの意味、などがあったと考えられます。